☆友達100人できるかな!☆空と海はどこまでも続いているのだ!!!

内容 : 友達作り・自然の写真・教育/保育talk・性同一性障害

さつまいも回想

大学生の頃、バイトしては実家に仕送りをする生活をしていた。

 

俺の学費と買い物依存症の母の浪費が、実家の家計を圧迫していたから。

 

時給700円。月に8~10万稼ぐのがやっとだった。

3~5万円を送金し、家賃や光熱費に4万円。

手元に残すのはいつも、死なない為の1万円。

 

この1万円が、俺の1ヶ月の全財産であり、

食費、交遊費、雑費、すべてを賄う命のお金だった。

 

だから、某テレビ番組で【1ヶ月1万円生活】というのを見た時は、

日常過ぎて全く楽しめなかったw

 

そんな生活をしていたある時、大学の授業で使う為、

どうしても急ぎで新しいテキストを購入せねばならぬことに。

価格は、衝撃の4200円…。おいおい、高すぎるぜw

 

残った5800円でどうにか生活していたが、

次の給料日まであと1週間というところで、

ついに食料が底をついてしまった。

 

財布には、残金28円のみ。

こりゃー死ぬなw  本気でヤバい…。そう思った。

 

でも、天は俺を見捨てなかった。

 

その日、大学に行くと、馴染みの職員さんが声をかけてくれた。

事情を話すと、その日のうちに、

「実家の畑でとれた、小さくて売り物にならないやつだけど」と、

さつまいも10個を届けてくれたのだ。おまけの米2合と一緒に。

 

嬉しかった。人のあたたかさが、優しさが、何より嬉しかった。

 

米は緊急時用にと考え、保管し、

さつまいもで残り1週間を生き抜くことにし、

それからの1週間は、1日1個のさつまいもを、朝と夜の2回に分けて食べた。

 

焼きいも、茹でいも、素揚げいも、さつまいも入り味噌汁など、

飽きないようにあれこれやったw

 

朝は忙しいから、貰い物のトースターでいつも焼きいもにした。

じわじわと赤くなるトースターの火と、じりじりと焼ける芋皮を見ながら、

「これで今日も生きられる」と、毎朝ニンマリしていた。

 

食べることのできる幸せが、

生きることのできる幸せが、

人との繋がりを大切に感じることのできる幸せが、

そこには満ちていた。

 

さつまいもをみると、今でも思い出す。

あたたかい、幸せな記憶。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思いは届く

場面緘黙のあるSちゃん。

 

叱られたり、何かやらかしてしまったりの場面になると、

固まって涙を流すだけで、話せなくなってしまう。

たとえ何日か経っても、相手から話しかけてくれるまで、話せない。

それでも、数年かかって少しずつ、固まる時間は短くなり、

声は出ずとも、頷いたり、自分を振り返ったりはできるようになってきた。

 

ここ最近、友達と遊ぶことが増えたSちゃん。

遊ぶのを優先するあまり時間にルーズになって、

時間の約束を破ることが続いていた。

 

そして、昨日もまた…。

あまりに続くため、昨日はスタッフに厳しく叱られたSちゃん。

 

今日、担当の俺に会ったSちゃんは、やはり話せない。

俺からは、時間の件はあえて何も言わないで、少し様子を見てみよう。

声にならなくても、Sちゃんが自分の良くなかったことに向き合えたらいいなぁ。

 

そんなことを考えながら、あれこれ作業していると、

 

 

「あの...ね」

振り返ると、Sちゃんがいた。

顔を真っ赤にして、力みながら、もじもじしながら。

 

「どした?」と尋ねると、Sちゃんは、

 

 

「あの...あの...あのね...」

しばらく「あのね」を繰り返し、声を振り絞ってこう言った。

 

「最近ずっと時間守らなくってごめんなさい…」

 

こんなに嬉しい「ごめんなさい」は、反則だ。

嬉しくて嬉しくて、なんも言えなくなるだろーがw

 

思いは、届く。

人は、変わることができる。

 

 

 

2017年

謹賀新年。

 

年末年始は仕事でバタバタでしたが、

こうして無事新たな年を迎えられたことは、

とてもありがたいことですね(°▽°)

 

今年は、何か転機がありそうな年なので、

良いことにもそうでないことにも、しっかりと向き合い、

自分の糧にしていきたいと思います。

さあ、明日も頑張ろう!

待って!!o(`ω´ )o

子ども関係の仕事してると、

日々子どもの名言やら迷言やら、奇々怪界で意味不明な言動に出会います。

 

ある日、こんなことがありました。

 

朝から外でバドミントンを楽しんだAちゃん。

他のことがしたくなったのか、玄関にラケットをポイッとして二階へ。

 

俺「ラケットお片付けしておいでー」

A「待って!!o(`ω´ )o」

 

反抗期真っ只中な上、ちょうど好きなテレビが...

 

朝10時過ぎに声をかけ、忘れっぽいAちゃんのため、

忘れないようにその後も何度か声かけし、片付けを促す。

 

「待ってよ!」「あとで!」を繰り返し、

夕方5時過ぎ、ようやく片付けに取りかかる。

 

片付けが済んだAちゃんは、近くにいたBちゃんに、

ゲームを貸してと話しかけた。

トイレに行こうとしていたBちゃんは、「待って!」と一言。

 

トイレに駆け込むBちゃんの背中に、Aちゃんの言葉が飛んでった。

 

「えー!早くして!待つの嫌いなんだから!」

 

おーいAちゃん…俺の待ち時間は、7時間だよ(゚∀゚;)

 

うーむ。人の気持ちになって考えるとは、なんと難しいことよ...

 

 

性という名の分類②

大学4年の夏休み、心理学を専攻していた友人が笑いながらこう言った。

「(俺)って、性同一性障害とかいうやつだったりして( ´∀`)」

 

セイドウイツセイショウガイ...?

何だそれ?www

無知な俺には、初めて聞く言葉だった。

 

その夜、俺は携帯で性同一性障害をググッてみた。

 

「何だこれ!俺と同じだ!」

 

衝撃的だった。

俺だけじゃないのか...?他にもいるのか...?これって何なんだ!?

次々と記事を読み漁った。

 

多分途中から、俺はずっとニヤニヤしていたと思う。

ただただ嬉しかったのを覚えている。

 

やっと自分の入れるグループを見つけた。

やっと自分が何者なのかを知ることができた。

孤独だと思っていた世界が、開けた。

そんな瞬間だった。

 

今でも、あの時の喜びは強く心に残っている。

この日から、自分と向き合う旅がスタートした。

 

 

 

アダンの木陰から

木陰から見える海も、癒されます。

 

f:id:tonto10:20161229011824j:plain

性という名の分類①

人間は、何事も分けることが好きだ。

分けることで、効率よく作業し易くなる。

 

まだ性同一性障害について何も知らなかった頃、

自分が明らかに皆と違うと感じつつ、「でも俺は女に生まれたんだから仕方ない」

と、色んなことを諦めながら生きていたあの頃、

 

気持ちは男なのに、体は女である自分の性別に迷い、

自分の所属するグループがわからず、生きていく世界が見つけられずにいた。

自分はいったい何なのか、どこか仲間ハズレの気分だった。

子どもなりに、うまく社会で生きていくために、

男or女が答えとなる「性別」というグルーピング方法に、

自分を当てはめようとしていたのだと思う。

 

大学4年の夏、性同一性障害という言葉を知るまでは。

続きはまた今度。