☆友達100人できるかな!☆空と海はどこまでも続いているのだ!!!

内容 : 友達作り・自然の写真・教育/保育talk・性同一性障害

己の謎

俺はチーズが嫌いだ

 

チーズは、とてもじゃないが食えない。

 

臭いし、不味いし、ぬちゃってするし!

 

いや、チーズに罪はないんです。

 

俺が一方的に嫌いなだけ…。

 

 

しかし

 

ピザポテトは好きだ!!!

 

何でだヽ( ̄д ̄;)ノ

 

 

生きたい自分で生きるには?⑥

就活をしようと決めた俺。

 

やりたい仕事は決まってた。

 早速、ネットで求人サイトを開いた。

 

画面にはたくさんの求人情報が並んでいたが、

 赤い文字で  NEW!!  というマークが点滅する、数分前にアップされたばかりの求人情報が目に止まった。

 

俺のやりたい仕事で、勤務地や給与などの条件も、俺の希望を満たしていた。

 

ここで働けたらなぁ〜…

ありのままの俺で採用してもらえるのだろうか…

  

性同一性障害の人がカミングアウトした上で、一般的な昼間の仕事に就くこと。

それが非常に難しいという現実は、経験者からの情報収集ですでにわかっていた。

 

不採用にされる理由は

性同一性障害の人をどう扱って良いか分からない

・前例がない

・トイレや更衣室など、対応する用意ができない

などなど、様々。

 

性同一性障害のある人々が生きていくためには、仕事は選べないことが多かった世の中だった。

 

まあ無理だろな…。

でも、不採用になって当たり前くらいの気持ちでやんねーと、就職なんていつまでもできないよな…

初めての就活だし、練習のつもりでやってみよう!

 

俺は、NEW!! の会社に挑むことにした。

 

サボりの質

先日、期末テストの初日に学校をサボったT君。

 

これまでにも、テストの日にサボることは度々ありました。

理由はいつも、「勉強してないんだから、どうせ点数とれねーもん」。

 

そして今回も、「どうせできん、どうせ点数とれねーから」と、欠席。

 

ここだけだと、いつもと同じT君。

確かに、テストからは逃げてます。

テストを受けて、自分の現実の力を知ることから逃げてます。

 

でも、今回は違うんです。

実はT君、今回はテスト前の数日間でトータル6時間くらいですが、

テスト範囲の提出物に取り組んだのです。

 

これまでまったく勉強しなかったT君にとっては、凄いこと。

勉強したからこそ、勉強が全然わからない自分という現実を知り、

不安になり、自信を失い、テストを受ける気持ちもなくしたのでした。

 

少しずつ、でも確実に、成長しているT君。

 

 成長が嬉しいこと、

たとえ0点でも、その努力に100点をあげることを伝えました。

はにかむT君は、最終日のテストは受けるよ!と、いい笑顔でした^_^

 

サボりにだって、意味がある、理由がある、質の違いがある。

ハートロック

毎日バタバタしており、かなり久々の投稿になりました:(;゙゚'ω゚'):

遠方に住む親の介護で、数日帰省していました。

慌ただしく過ごした数日。

わずかな時間を見つけて、海を眺めてきました。

せっかく見たハートロック、あまりうまく撮れずwww

でもなんだか癒されました♪

皆さんにも、癒しパワーが届きますように!(°▽°)

f:id:tonto10:20170701231745j:plain

衝撃の質問①

ある日、Yちゃんに質問されました。

 

「ねぇねぇ、うんこ味のカレーと、カレー味のうんこ、どっちがいい?(°▽°)」

 

それはもうキラッキラした目でwww

かわいい顔して、なんて衝撃的、いや笑撃的な質問するんだーい。_| ̄|○

 

 

どっちも嫌だわ!:(;゙゚'ω゚'):

 

てか、うんこ味ってどんな味だよw

生きたい自分で生きるには?⑤

下着、髪型、ナベシャツ。

見た目を変えることは一通りやった俺。

 

それからは、以前より楽しく学生生活を送ることができた。

しかし月日は流れ、就職活動をする時期が間近に迫ってきた。

 

周りがどんどん就活を始めるなか、俺は何もできずくすぶっていた。

就職するという事は、職種によっては、女性の格好で働くことになる。

 

俺がスカートをはき、化粧をして働くのか?

むしろそんな生活耐えられるのか?

 

職種を選んで、どうにかスカートは逃れたとしても、ある程度の化粧は必要になる。

そもそも職種を選ぶという事は、自分のやりたい仕事はできないてことになる。

 

そんな人生楽しいのか? 

そんな生活続けられるのか?

何週間もシュミレーションを繰り返して、悩みに悩んで、1つの結論に至った。

 

自分を偽って女として生きる事は俺にはできない。

俺はやっぱりありのままで、男として生きたい。

 

俺はメンズスーツを買った。

ダメ元でもいいから、ありのままの自分で就職活動をすることにしたんだ。

 

⑥に続く☆☆☆

ホッと一息、ほんのひと時

f:id:tonto10:20170411202744j:plain

怒涛の忙しさだった3月と年度始め。

 

3月は、担当している高校生が無事に高校を卒業し、就職。

 

そして今日は、新中学一年生になる子の入学式でした。

 

無事に終わり、ようやく一区切り、一息。

 

ルーティンワークに加え、様々な準備や手続き、書類仕事、行事の企画と運営など、

 

時間に追われ、締め切りに怯え、心身ともにグッタリな一カ月ちょいでしたw

 

 

担当している子どもが節目を迎えるたび、この怒涛の多忙さがやってきて、

 

「もうムリー!:(;゙゚'ω゚'):」と、なるのですが、

 

それでもやはり、卒業や入学は感慨深く、喜びと寂しさの混ざり合う特別なもので…。

 

大きくなったなぁ

頼もしくなったなぁ

すっかり大人になりやがって

もうちょい、俺の子どものままでいてくれよ

 

そんなことを、とりとめもなく思うんです。

 

 

新たなステージへ、思い切りはばたけ、俺の大切な子どもたち!

 

明日からまた、新たな闘いの始まりです( ´∀`)